ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ジャンプするポーズで写真を撮る | main | 新旧国鉄鎌倉駅のとんがり帽子の時計台 >>
2018.08.27 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.04.29 Friday

ここはどこなの方南町PART2

4月4日の記事(ここはどこなのか?―グーグルだけで古写真の現地を特定―)
で1960年代の方南町界隈の写真を紹介した。この写真は前回紹介したカラー写真と同じフィルムに撮影されたもの。

【1964年:杉並区方南町 方南通り】
この写真は現在地はどのあたりなのかを検証してみた。
まず一番目立つのは写真右にある明治チョコレートの看板のある建物。右に入る道が少し曲がっているのか、ファサードも道に沿った形の角度がついている。「岩田屋」というパン屋のようだ。50年以上前の個人商店、検索をかけても何も手がかりはつかめなかった。まぁ、それは想定の範囲内のこと。

次の手がかりは写真中央左に見える「地下鉄」の文字。営団丸の内線方南町駅の入口だ。方南町駅への出入り口は、環七通りと方南通りの2か所しかなく、この道は環七にしては狭すぎるので、方南通りの、現在で言えば2番の出入り口であることはほぼ間違いない。

ダメ押しとして、写真左下に、左ななめ方向に道が続いているように見える。

この3点より、現在地は こちら(グーグルストリートビューへのリンク) であることが特定できた。

4月4日の記事で紹介した「写真3」を逆方向に見たものである。

さて、1970年代の写真アルバムにこのような写真があった。

【1978年:方南通り】
1枚目の写真が撮影されて14年後の同地点。岩田屋であったところには現在も健在なマクドナルドが見られる。しかしそれ以外の店は38年経過した現在、何も残っていないようだ。

厳密な定点観測ではないが、同じポイントを10年以上あけて撮影しているところがsuishiのおもしろいところである。
2018.08.27 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR