ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新旧国鉄鎌倉駅のとんがり帽子の時計台 | main | 杉並区方南町今昔比較2 >>
2016.05.30 Monday

杉並区方南町今昔比較1

先日、東京都杉並区方南町かいわいを歩き、公開してきた写真の今の姿を撮影してきた。

まずこの1枚(元記事 http://suishi.jugem.jp/?eid=98 )

【杉並区方南2丁目 上:1963年 下:2016年】
1963年はまだ道路が舗装されておらず、水たまりが目立つ。写真左側の道は方南通り東行き。1963年当時はなかった街路樹が大きく育っている。当時からの建物はほとんど残っていない。写真右端は現在マンションの建設工事中で、数年後にはまた違う景色になることだろう。


【杉並区方南2丁目 上:1963年 下:2016年】
最初の写真から右の道へ入ったところで、ゆるやかな下り坂になっている。写真右手のミヤモトというお米屋さんがあった場所は空き地に、最近まで営業していたらしい江戸屋という酒屋さんも別な事業所になっている。何より変わったのは1963年当時は緑がうっそうとしていた点。現在ではとても想像できない。2016年写真右奥の木造2階建ての民家、古そうなたたずまいであるが、1963年当時はまだ建築されていない。この写真で唯一変わらないのが電柱。写真右奥に見られる3本の電柱は当時のまま。真ん中の小さい電柱は傾きまで当時と同じ。コンクリートの電柱は耐用年数が長いようだ。

今回のラストはこれ。(元記事 http://suishi.jugem.jp/?eid=93


【杉並区方南2丁目 上:1964年 下:2016年】
今度は1枚目の写真から左方向、方南通りを進んでみた。家は建て替わり、街路樹は大きく育ち、歩道の敷石はアスファルト舗装に代わっている。1964年当時、歩道上で大きな存在感を示していた丹頂型の電話ボックス。2016年現在、形こそ変わり、控えめな雰囲気になったものの、未だ健在。年々電話ボックスが減少する中、よく生き残っているものだ。


50年ほど前の写真を見ながら現在と同じアングルを探すのはなかなか難しい作業なのであるが、今回の3枚は比較的当時の特徴が残っていたので忠実な今昔比較ができた。あと少し撮ったものがあるので次回の更新までしばしお待ちを!
2017.03.26 Sunday

スポンサーサイト

コメント
こんにちは。更新ありがとうございます!

GWの帰省で方南町へ行った時、iPad片手にアップされた写真と現在を見比べましたが、60年代と現在とでは多少面影があるもののだいぶ変わってますね。先日アップされたマクドナルド近辺の写真は今も同じところがありますね。今回の2枚目の写真、今は単なる下り坂ですが、昔はなんだか暗くまるで森の中に入って行くようで、興味がそそられます。3枚目はそう、今も同じ場所に電話ボックスがあるんですよね。

またの更新を楽しみにしております!
  • mtok
  • 2016.06.01 Wednesday 00:25
mtokさん

コメントありがとうございます。実際に現地で旧写真との比較をされたのですね。

確かに一番様子が変わったのが下り坂の箇所だと思います。まさに森へ分け入る下り坂ですね。しかし当時の航空写真を見ると、それほど森になっているわけでもなく、不思議な空間です。
  • 管理人
  • 2016.06.06 Monday 11:29
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR