ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 岡山駅前今昔比較1 | main | なぜ下鶴間のラブホテル「ロイヤル」の写真を撮ったのか >>
2017.02.27 Monday

岡山駅前今昔比較2

【上:1994年 下:2016年 岡山駅地下改札】

前回に引き続き、岡山駅地下の今昔比較。

 

新幹線乗り場のある表玄関としての東口と、奉還町方面など下町風情を残した西口とを繋ぐ東西連絡通路。西口側には大規模な地下自転車置き場があることから、岡山駅までJRを利用し、駅からは自転車で通学という高校生・大学生の通りも多い。

 

連絡通路自体は20年でほとんど変化がないのであるが、東口側は大分様相が変わった。

 

1994年当時は公衆電話やコインロッカーが並ぶ閑散とした通路であったが、ここ10年くらいでカフェやエステ、ドラッグストアーなどが次々と開店した。昨年末の撮影では写真左側は改装中であった。

 

この20年で、いかにも90年代なストーン風壁のデザインはシンプルなベージュに変化したが、床の模様だけは昔と変わらず。そう考えると、床材の耐用年数って意外と長いんだなぁと改めて気づく。

 

※当ブログ、2017年3月で解説5周年を迎えます。最近ではTwitterで「1日1枚suishi写真」として毎日写真をアップしています。そちらもぜひご参照ください。  アカウント名 suishi @suishi1916

 

 

2017.05.12 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR